注文住宅の相場を気にせずお得な価格で家を建てる

はじめての注文住宅で、
危うく300万円以上も損しかけた我が家。
あるきっかけから、損せず建てることができました。

>> その流れはこちらからご覧ください

資金計画をたてる

注文住宅を購入する場合、
すごい資産や貯蓄がたくさんある方以外は
住宅ローンを利用することになりますよね。

 

つまり、お金を借りて家を建てるということです。

 

ローン=借金というイメージから
たまにローンが苦手という方がいらっしゃいますが
住宅の価格は、数千万円以上となるので、ローンを利用する方がほとんど。

 

なんとか一括で払いたいと貯蓄をがんばる方もいらっしゃるでしょうが
それでは注文住宅に住めるのが、何十年後になるのかわかりません。

 

ということで、注文住宅の購入にはローンが不可欠であり
そのためには資金計画が重要になってきます。

 

では、どのやって資金計画をすればいいのか?

 

まずは、
現在の生活における収入と収支をおおまかに出すこと
をオススメします。

 

これで、どれくらいの金額を
住宅ローンに充てることができるかわかってきます。

 

そして、月々の住宅ローン支払い額が決まれば
借りられる合計金額がはっきりします。

 

その計算は⇒住宅ローンシミュレーションを利用すると便利です。

 

 


ネットで「住宅ローン シミュレーション」と検索すれば、たくさんヒットしますのでご自身が計算しやすそうなサイトをお選びください。

 

資金計画

 

借りられる金額がわかれば
あとは貯蓄がいくらあり、どれくらい頭金に使えるかで
購入可能な家の価格が決まります。

 

しかし、ここで見落としてはいけないのが
現金支払いしかできない費用です。

 

これについては、注文住宅にかかる総費用のなかで
お伝えしていますので、参考にしてください。

 

この費用を忘れると、引っ越しや新しく買う家具の費用がない!
ってことになってしまうのでご注意ください。

 

ちなみに我が家では、この費用を計算間違いしていて
100万円ほど別途借り入れることになりました・・・(笑)。

 

こうならないように、しっかりと計算してくださいね。

 

 

このとき何よりも重要なポイントとしては
生活が苦しくなるような住宅ローンは組んではいけない!ということ。

 

 

せっかく理想の注文住宅を建てたのに、生活はギリギリで
やりたいことができなくなった…、生活は切り詰めてばかり…なんて
何のために家を建てたのかわからなくなりますから。

 

 

資金が許す範囲で理想の家を建てる。

 

これを目指すべきなのです。

 

 

そのためにも、多くの施工会社から見積もりをとって比較することがとても大切なんです。

 

 

なぜかというと、住宅の価格で何百万円も得をしたら
その分の住宅ローンの支払いが減り、その結果、生活が楽になる からです。

 

我が家が、注文住宅で300万円以上もトクしたきっかけは、このサイトです

注文住宅で大損しないために

はじめての注文住宅で、
危うく300万円以上も損しかけた我が家。
あるきっかけから、損せず建てることができました。

>> その流れはこちらからご覧ください


注文住宅の総費用 注文住宅の値引き 我が家の見積もり 我が家の間取り 理想の間取りにするコツ