注文住宅の相場を気にせずお得な価格で家を建てる

はじめての注文住宅で、
危うく300万円以上も損しかけた我が家。
あるきっかけから、損せず建てることができました。

>> その流れはこちらからご覧ください

注文住宅の相場に流されないために

 

注文住宅の相場は、これから新築一戸建てを購入する方にとってはとても気になりますよね。

 

注文住宅の相場
家を建てるのは、ほとんどの方にとって初めての経験になるでしょうから、いくらで家を建てられるのか見当がつきませんからね。

 

でも、注文住宅の相場を基準とするのは危険です。実は、まったくあてにならない数字だからです。

 

 

ここでは、なぜ注文住宅の相場を気にしてはいけないのか理由を説明したうえで、価格を抑えて良い家を建てるコツを紹介しています。

 

思ったよりも高額で契約して後悔する人が多いので、そうならないよう参考にしてみてください。

 

 

注文住宅の相場が無意味なワケ

 

「30坪の注文住宅を建てるときの価格相場は?」
「4LDKの間取りなら相場はいくら?」

 

と質問してしまう気持ちは、私も家を建てる前には気になっていたのでよくわかります。

 

 

注文住宅が30坪で2000万円と住宅情報誌に書いてあれば「我が家でも購入できるかも↑」と思い、
30坪で3000万円の建物を見ると「高いから購入できないなぁ↓」となっていました。

 

価格の相場によっては注文住宅ではなく、建売住宅や中古住宅に変更するなど状況が変わってきますからね。

 

 

住宅情報誌には、ハウスメーカーや工務店で注文住宅を建てた人の金額がたくさん載っていますが、同じ30坪であってもその金額はバラバラ。まったくと言っていいほど参考にならないのです。

 

 

というのも、注文住宅はその名のとおり希望の間取りや外観をオーダーメイドで建てるもの。

 

自分や家族が理想としている家を建てるわけですから、間取り、外観、設備、デザインなどほとんどのものが家ごとに違っていて、例えば、キッチンやお風呂などをグレードアップするだけで数百万円も価格が高くなることも…。

 

さらに、住もうとしている土地の形や大きさ、エリア、依頼先のハウスメーカーや工務店などでも価格は大きく変わり、数百万円どころか1000万円以上も高くなることがあるのです。

 

 

同じ土地に建てるとしても、注文住宅の価格は1000万円台にすることもできますし、高級な材料や設備を使いグレードを上げまくれば5000万円以上になることもあるのです。

 

自動車や電化製品のように定価があれば簡単に比較できるですが、オーダーメイドの注文住宅ではそれが一切できません。建売住宅であっても、同じ土地に建っているわけではないので比較は難しいです。

 

 

私はたくさんのハウスメーカーや工務店に間取りと見積もりを作ってもらいましたが、見事なまでにすべての会社で違っていました。

 

あまりにも違いすぎて、注文住宅では相場なんて意味がないことがよくわかりました。

 

 

ただ、注文住宅の相場が何によって変わるのかを知っておくことは大切です。

 

 

家を建てるときの価格の目安がわかるようになりますし、コストダウンをしたいときでも、どこを削れば費用を抑えられるかわかってきますからね。

 

 

注文住宅の本体価格の相場はこれが原因で上下する

 

注文住宅の本体価格とは、基礎からつくって箱形の家を建てるまでの価格で、本体工事費とも言われます。

 

これだけではまだ住めないので、付帯工事と言われる工事が必要になるのですが、一般に坪単価から求められるのはこの本体価格です

 

同じ建坪であっても本体価格の相場は変わるのですが、その主な要因は次のとおりです。

  • 構造、工法
  • 家の形状
  • 外壁、内装
  • 間取り
  • お風呂、キッチンなどの設備
  • オプション

それぞれについて詳しく見てみましょう。

 

 

構造、工法

 

注文住宅の相場は、構造によって大きく違います。家の構造とは、柱や梁など家を支える骨組みに何が使われているのかで決まります。

 

骨組みに木材が使われているなら木造住宅となります。木造が最も多く建てられているのですが、このほかにも鉄骨、鉄筋コンクリートを使って建てる鉄骨造、鉄筋コンクリート造もあります。

 

 

注文住宅を建てるときの相場としては、木造が最も安く、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の順に高くなります。材料代の違いはもちろんあるのですが、木造に比べて鉄骨造や鉄筋コンクリート造では建物の重量が重くなり、それを支える基礎の費用も上がるため、家全体の価格は高くなります

 

 

家の形状

 

家の形も相場に影響します。上空から見たときに正方形、長方形のものもあれば、L字型、コの字型などをはじめとする複雑な形の家はたくさんあります。

 

家の形は土地や間取りで決まるのですが、注文住宅で最も安く建てられるのは正方形の家なのです。

 

 

コの字型などは複雑な形をしているからこそ、おしゃれな外観にできるのですが、家の相場は高くなります。その理由は、次のとおりです。

 

  • 外壁や屋根材が増える
  • 隅部の処理が増える
  • 基礎も単純な形にできない

 

正方形の家では外周の長さが最も短くなるため、外壁材が少なくてすみますが、複雑な形状になればなるほど同じ面積であっても外周が長くなり、外壁材が多く必要となります。これにより注文住宅の相場が変わっていくのです。

 

 

外壁、内装

 

注文住宅の外観は、外壁材として何を使うかでイメージが一気に変わります。サイディングといわれる一般的な外壁材を使うことが多いのですが、モルタル、塗装、タイルにするとまたまた大違い。

 

内装の壁紙をタイルなどに変更すると値段も高くなります。壁の面積は広いので材料代の少しの違いが大きく反映されてしまいます。

 

 

間取り

 

部屋の数が多くなるほど使う建材が増えてきます。壁やドアなどが部屋の数だけ必要になるので、2LDKに比べて3LDK、4LDKと相場が高くなっていきます

 

極端な例でいうと、最も安いのは間仕切りがない家。そんな家はないと思いますが、ムダに部屋数を増やさずに家族構成や長期のライフプランに合わせた間取りにするべきです。

 

 

お風呂、キッチンなどの設備

 

キッチン、お風呂、トイレなどは注文住宅を建てるときの高額な設備になります。

 

アイランドキッチンにしたい、ホテルのようなお風呂にしたいなどこだわりはじめると、あっという間に100万円以上も価格が上がります。大きいものやオーダーメイドできるものほど高くなり、これも相場を変動させます。

 

 

オプション

 

太陽光発電、ウッドデッキ、小屋裏収納、床暖房などのオプションでも100万円以上も相場が変わります。

 

 

これらは売っているものを取り付けることになるのですが、注文住宅ならではのオプションもあります。例えば、収納スペースや収納棚です。

 

我が家でも間取りに合わせた収納スペースや収納棚をたくさん作ってもらいました。

 

おかげで、部屋はかなりスッキリしています。タンスなどの収納家具を置くよりも部屋全体に凸凹がなくなりますからね。

 

 

家具を買うよりも費用は高くつくかもしれませんが、自分の家にぴったり合った収納スペースとなるので、依頼してみるのもオススメです。

 

 

家具購入の費用は住宅の相場に関係しませんが、このように収納スペースをつくってもらったときには価格の一部になるので相場も変わってきます。

 

 

付帯工事費の相場

 

付帯工事は別途工事ともいわれる工事で、箱状に建てた家で生活するために必要な水道工事などの費用が含まれます。付帯工事費の相場としては注文住宅の総額の20%と言われることが多いです。

 

例えば、総額2500万円の注文住宅を建てるときには約500万円くらいが付帯工事費用になります。付帯工事の内訳としては、例えば、

  • 地盤改良工事
  • 敷地調査
  • 給排水引き込み工事
  • 冷暖房工事
  • 照明器具工事
  • 外構工事
  • 解体工事

などが挙げられます。

 

土地によって必要なものとそうでないものとがあるため、注文住宅の相場が違ってきます。

 

 

例えば、地盤がしっかりしている土地では地盤調査費用がかかっても、地盤改良工事をする必要はなくなります。我が家は、この費用はかからなくて助かりました。

 

でも、もともとが池や湖だった土地では地盤が弱いので、地盤改良工事で100万円以上かかることがあるから大変です。さらに、ほかの工事も必要な場合には、数十万円〜数百万円も高くなるのでご注意ください。

 

 

諸費用の相場

 

諸費用とは、建物を建てる工事費や付帯工事費など以外に必要な費用と考えてください。例えば、

  • 地鎮祭にかかる費用
  • 住宅ローン保証料
  • 登記にかかる費用
  • 火災保険
  • 引っ越し費用
  • 家具、カーテン、照明など

などがそうです。

 

諸費用の相場は、注文住宅の総額の10%で計算されることが多いです。総額が2500万円と考えると、諸費用は250万円もかかっています。

 

もともと持っている家具を使うなどして費用を浮かせることもできますが、きれいな家に持っていくとバランスが悪くなるので、新しい家具やエアコンを買ってしまい、費用がアップするのです。

 

 

建てる地域で相場に差が出る

 

注文住宅を建てる地域で相場が違ってきます。

 

例えば、東京都と宮崎県で30坪の木造住宅を建てる場合、約480万円も相場に差があるのです。これは大工さんなどに支払う人件費が地域によって差があるなどが原因です。

 

 

ハウスメーカーの相場は工務店より本当に高い?

 

注文住宅をハウスメーカーで建てる場合、工務店に比べて相場は高くなる傾向にあります。

 

これは、人件費、研究開発費、住宅展示場の費用など、工務店ではかからない費用が価格に上乗せされているからです。

 

じゃあ、工務店で建てた方が得かな?と考えたこともありますが、実際にハウスメーカーと工務店とで見積もり比較してみると、工務店の方がハウスメーカーより価格が高い場合もありました

 

ハウスメーカーの注文住宅の相場は高いとされているのに、意外にも工務店の方が高かったのです。工務店は安いはずと思い込まずに、実際に見積もり額を比べないといけないなと気づかされました。

 

 

注文住宅を建てるための土地の相場は変動が少ない

 

土地の相場に影響するものは、場所、形、建坪、近隣道路などいくつか条件はありますが、ほとんどがこれらで決められており、それ以外の要因は少ないのです。

 

つまり、家と違って変動する幅が少なくなります。

 

人気があるエリアでは土地は高くなりますし、人気がないところは安くなるのです。その場所でのおおよそ土地相場はわかるので、注文住宅の相場よりもわかりやすく、想像がつきやすいです。

 

 

建売住宅との相場を比較

 

フラット35利用者のデータから見ると、建売住宅の相場は約3300万円土地を購入して注文住宅を建てた場合の相場は約3900万円となっており、600万円もの差があることがわかります。

 

建坪は注文住宅の方が12uほど広いのですが、いかに建売住宅が安く建てられているのかわかります。

 

 

相場を無視してお得に注文住宅を建てるたった1つのコツ

 

注文住宅では、多くの人がハウスメーカーや工務店に言われるがままに適正価格以上の金額を支払ってしまいます。

 

これは相場を知っているがために、これくらい支払うのは当たり前と思うことも原因の一つです。

 

実は、私も注文住宅を建てるときには、余分に金額を支払いそうになっていました・・・。
注文住宅で損する
でも幸いなことに、あるきっかけで相場なんて気にすることなく、300万円も得をして注文住宅を建てることができたのです。といっても、決して特別なことをしたわけではありませんし、怪しいことも悪いこともしていません(笑)。

 

誰でもできる簡単なことを行動にうつしたおかげで、納得のいく家づくりができました。その簡単なこととは、

 

●たくさんの見積もりをとる

 

という行動です。

 

 

注文住宅の見積もりは、すでにお持ちの土地または購入予定の土地に、希望どおりのデザインや間取りの家を建てるためにかかる費用であり、相場というあいまいなものではありません。

 

見積を取ることで、グレードを下げないと買えないかも・・・と落胆することもありますし、この価格ならすてきな家が建てられる!と大喜びできるかもしれません。

 

注文住宅を建てるときには、相場ではなく見積もりこそが、理想の家の購入をグッと引き寄せてくれるツールになるのです。

 

 

まずは、理想の家づくりに向けて見積もりをとってみましょう。想像しているよりも安く購入できる可能性がありますからね。

 

と言っても、どこでもいいわけではなく、優良な施工会社から見積もりを取ることが大事です。悪徳業者をたくさん比較したところで意味がありませんから。

 

 

優良な業者を探すのも大変ですが、こちらのサイトでは、近所にある複数の優良会社に一回で見積もり依頼できますよ。

 

>>優良会社から注文住宅の見積もりを取るならコチラ

 

 

注文住宅を建ててもらう業者がすでに決まっている場合には、その会社が本当に適正価格で見積もりを出しているのかわかるので、ぼったくられる心配はなくなりますし、値引き交渉にも使えるかもしれません。

 

無料なので気楽な感じで試してみてはいかがでしょうか。相場をまったく気にすることなくトクするかもしれません。

 

コチラを利用せずに損した!ってことだけは避けてくださいね。

 

注文住宅で大損しないために

はじめての注文住宅で、
危うく300万円以上も損しかけた我が家。
あるきっかけから、損せず建てることができました。

>> その流れはこちらからご覧ください


注文住宅の総費用 注文住宅の値引き 我が家の見積もり 我が家の間取り 理想の間取りにするコツ